脱毛後のアフターケア

脱毛は脱毛サロンの施術にお任せするだけでは、美しい肌は手に入りません。
脱毛後の肌のお手入れがあってこそ、毛周期をコントロールし、ムダ毛が生えにくい肌を作りだす事ができます。
ここでは、脱毛サロンでの施術後に、自宅で出来る肌ケアについて解説します。

 

脱毛後の肌は火傷状態になっている?!

脱毛サロンで使われている光脱毛機は、皮膚に熱を加え毛根を破壊するという方法です。なので施術後は肌が軽い火傷状態となっています。
軽い火傷状態となった肌にさらに熱を加えるとさらに火傷が悪化してしまい、皮膚が荒れたり、ただれたりする可能性があります。

脱毛後にしてはいけない事
・日焼け
・直射日光を浴びる
・入浴
・アルコールの摂取
・激しい運動

これらは体温を上げ肌をさらに傷める危険性があります。

体温を上げない為の対策〜外編〜

直射日光を避ける・・・どうしても外にでなければいけない場合は服や手袋で皮膚を覆い、直接肌に太陽の陽射しが当たらないようにしましょう。

 

これだけで肌の温度上昇を抑える事ができます。また都心に住んでいる方は地下街を通ったり、電車で移動したりと対策を立てましょう。地下街があまり無い地域の方は車やバスなど、徒歩や自転車以外の陽射しを遮れる方法で移動しましょう。どうしても徒歩や自転車になる場合は日傘が一番有効です。また歩く場所もできるだけ日陰を探し、日陰から日陰に移動するようにするのが一番いいでしょう。

 

体温を上げない為の対策〜自宅編〜

当日の入浴とアルコールは避ける・・・両方とも血行を良くしてしまい体温がさらに上がるのを防ぐために脱毛当日は避けた方がいいでしょう。お風呂の際はぬるめのシャワーだけにしておきましょう。翌日からはいつも通り入浴しても問題はありません。
また激しい運動も体温を上げる原因となるのでやめた方がいいでしょう。

 

化粧品によるケア方法

軽い火傷状態の施術箇所ですので、肌には保湿が必要となります。
ただ人や施術箇所によっては、炎症が激しく残る人も居ますので、こうなった場合には脱毛後専用のケアローションなどをサロンで購入してもいいかと思います。
基本的には施術箇所の保湿は、保湿化粧水や保湿クリームを使用するのがいいでしょう。他にも馬油やアロエのエキスを含んだ製品などは昔から火傷に効くと言われ多くの方に使用されています。

 

保湿集中期間

施術後1〜3日間は、保湿をメインとした化粧品を使うことをおススメします。乾燥肌の方で普段しっとり系の化粧品を使っている方は普段使っている物で問題ないでしょう。漢方やアロエが含まれている製品であれば尚良しです。

 

脱毛後,アフターケア

 

脱毛サロンでの脱毛後のアフターケアは以上の様に、日焼けを防ぐ、保湿を心がける、刺激を避けるという三点に絞られる事が判ります。
この点を守っていれば脱毛後に肌が荒れるということは無くなるでしょう。

 

よくあるNG行為

スっとするからといってメントール配合のパウダーローションを使用する方が稀にいます。メンソールは肌への刺激になるので、やめた方が良いでしょう。
同じ理由で制汗剤なども脇の脱毛後は避けるべきです。普段より毛穴が拡がっているので脇の毛穴が詰まり汚れの原因となります。