レーザー脱毛の注意点

レーザー脱毛にも注意点はいくつかあります。キレイにするための脱毛で肌を傷つけないように再度注意事項を確認しておきましょう。

 

施術前の注意点

すでに知っていることですが、脱毛は施術の準備段階からすでに始まっています。
施術前には必ず以下の事をする必要があります。

 

ムダ毛はそのままで

光脱毛の場合は事前に毛は剃ってから脱毛サロンに行くのですが、レーザーの場合はそのままで結構です。医師があなたの毛量や毛質から出力を決め脱毛を行います。

 

カミソリで肌を傷つけないように気をつける

脱毛箇所に傷などがあると脱毛できないケースがあります。特に自己処理をしている時に肌に傷をつけ脱毛できなければ本末転倒です。

 

生理の日も計算して予約してください

生理の日は脱毛はできません。理由はコチラ
しっかりと生理周期を計算し、少しずれても脱毛する日と被らないように予約をしましょう。

 

暑くても肌が隠れる服がベター

少しでも日焼けを予防するための措置です。稀に焼けやすい体質の方が脱毛当日に日焼けをしてしまい結果、脱毛ができなかったというケースもあります。肌が隠れる服は脱毛後のケアでも重要です。脱毛後に日焼けをしないようにするため。レーザー脱毛をすると皮膚が軽いやけど状態になるので、先に日焼けをしていると火傷部分にさらにレーザーで火傷をさせるようなものです。

 

 

脱毛後の注意点

脱毛がスムーズに終わると次は脱毛後の注意点に注目しましょう。施術前よりも施術後の方が一段とケアは大切になります。

 

絶対に欠かさずケアローションを塗りましょう

いつも使っている化粧水や保湿クリームなどで問題ありません。レーザー脱毛後は軽度の火傷状態になっているので、肌を癒してあげる事が大切です。オススメはアロエや馬油などの成分が入った製品です。火傷に効く効能が入っているので是非一度使ってみて下さい。
レーザー脱毛は出力が高い分、乾燥もしやすいのです。十分なケアが必要でしょう。

 

当日の入浴はNG

当日の入浴はやめて下さい。シャワーもできるだけぬるま湯にして使いましょう。体温を高めると血行が良くなると脱毛後の肌にはあまり良くないです。肌トラブルの原因にもなります。

 

血行が良くなることで痒みや赤みが生じます。万が一掻いて肌を傷つけてしまった場合、脱毛部位から炎症がおこる可能性があるからです。

 

その他の注意点

 

妊婦の方はできません。

施術の感覚は2ヶ月程度を目安に行っています。妊娠中、生理中の脱毛は体に負担が掛かるので出来ません。ストレスやホルモンバランスが乱れている状態では脱毛すると肌トラブルが起こりやすくなります。

 

痛みに弱い方は事前に相談が必須

レーザー脱毛は痛みを感じやすいので、予め痛みが苦手な場合には麻酔クリームを塗ってもらうように頼みましょう。希望がなければ、麻酔は脱毛では使いません。(顔は麻酔クリームを使います)
保湿が足りないと角質が上手く働かずに、抜け落ちる筈のムダ毛が埋没してしまいます。
保湿をすることによって、ムダ毛をキレイに出来るわけですから自ら埋没毛を作ることは避けたいですね。

 

 

こんな場合は??

 

火傷の症状がでました。

普通は1日で治まります。しかし長く同じような症状が続くなら医師に必ず相談をしましょう。

 

脱毛後に日焼けしたかも??

外出しているならコンビニやショップですぐにUVケアローションを買いましょう!放っておくとさらにひどい事になります。家に帰ってからしっかりとケアしてください。

 

自宅ケア方法

1.日焼けした部分をしっかりと冷たい水で冷やす。
2.レーザー脱毛した部分にたっぷりと化粧水をつける。
3.保湿クリームもたっぷり塗って、乾燥を防ぐ。