間違ったムダ毛処理

カミソリでの脱毛はとっても簡単に脱毛できます。短時間で広い面積を処理できるので、男性女性問わず人気の脱毛方法です。
しかしカミソリ脱毛は気付かないうちに肌にダメージを与えてしまいます。
例えばムダ毛処理をする際に毛の向きに逆らった逆剃りを続けると毛穴を傷つけたり、色素沈着を起こす可能性があります。
また肌が弱い人によく起こるカミソリ負けという症状ですが、あれは毛と一緒に皮膚の角質も削りとっているために起こる症状なのです。カミソリ負けは慢性化しやすく、カミソリ脱毛をした後には肌がかさついたり、炎症をおこし毛嚢炎になる可能性もあるので、十分注意しましょう。

 

浴室での脱毛は要注意

浴室での脱毛もあまりオススメはできません。毛と共に皮膚も柔らかくなっているので脱毛の際に皮膚が傷つきやすくなります。また湿気が多い場所は雑菌が繁殖しやすいため、傷口から菌が入り込み炎症を起こす可能性が高くなります。
カミソリも浴室に置きっぱなしにすると刃の部分に雑菌が住みつき繁殖します。面倒ですが毎回浴室の外に置いておき、週に1回は消毒液で清潔にすることをおススメします。

 

脱毛別注意点

カミソリでの脱毛注意点

・毎日のカミソリ脱毛は皮膚を毎日剃っているのと同じ事
・浴室での脱毛は雑菌が増える原因
・逆剃りは肌にとって百害あって一利なし
カミソリだけの脱毛は確実に肌を傷つけます。脱毛サロンや自家用脱毛器などと併用することをおススメします。
もっと詳しく知りたい方はコチラ

 

脱毛クリームに要注意

脱毛クリームは肌にクリームを塗る事で毛を溶かして取り除く方法です。クリームを塗った後、しばらく時間を置いてから抜けた毛をクリームを洗い流します。
カミソリや毛抜きで取り除くのとは別に痛みも無く、一回で広範囲の脱毛ができるのがポイントです。また毛が伸びても毛先が丸くなっているためチクチクせず不自然さもありません。
しかし脱毛クリームの成分は硫化バリウムなどの硫化物です。硫化物が体毛を溶かしているのですが、都合よく体毛のみを溶かすことができるでしょうか??できません。少なからず皮膚も一緒に溶かしているのです。脱毛クリームの使用後にツルツルになったと感じた人が多いと思いますがそれは皮膚の表面が溶けて凸凹が滑らかになったからなのです。
上記をみてもわかるように脱毛クリームは皮膚を溶かすほどの強い薬剤ですので頻繁に使用するのは危険です。

 

1ポイントアドバイス
・パッチテストは必ずしましょう。(上腕内側に少し塗り肌に異常が起こらないか見るテスト)

 

脱毛クリーム注意点

・クリームの使用時間を過ぎて放置しない
・2度塗りをしない
もしも肌があれた時はすぐに使用を中止し医師の治療を受けましょう。

 

 

脱毛ワックスと脱毛テープは絶対にしてはいけません。

脱毛ワックスと脱毛テープ想像はできますが、あまり試した人は少ないと思います。どういった方法なのか一度見ておきましょう。
脱毛ワックス・・・脱毛をしたい部分に温めたワックスを塗り冷めてから毛の流れと逆方向に一気にひきはがすものです。
脱毛テープ・・・粘着性の強いワックス付きのテープを張り逆方向に一気にひきはがすものです。昔罰ゲームでガムテープを膝につけ一気にはがす遊びをしているクラスメイトがいましたよね??あれです。。。
デメリットは知ってのとおり痛みです。一気にはがすので痛みはかなり強いです。またヒリヒリしたり血が滲んだりするので肌には全然優しくないでしょう。
毛を無理やり抜くと毛穴が盛り上がって鳥肌になってしまったり、うもれ毛ができる可能性があるからです。また毛穴が拡がり雑菌が入りやすくなるので敏感肌の方は絶対にやめましょう。