毛の種類

まずは毛の構造について知りましょう
私たちの毛の構造は下の様になっています。

 

1・皮膚の表面から出ている毛の部分が『毛幹』
2・皮膚の中の見えない部分が『毛根』
3・毛根の最下部の球根のようにふくれている部分が『毛球』
4・毛球のくぼんだ底の部分が『毛乳頭』、その上にあるのが『毛母細胞』
5・毛根をとりまく組織が『毛包』毛包は3つに区切られる『上部毛包』『中部毛包』『下部毛包』
6・毛が皮膚から出てくるところが『毛孔』

 

これらで構成されている毛ですが、伸びるスピードも部位によって全然違います。
例えば...
ヒゲが0.3〜0.4ミリ
ワキ毛・陰毛 0.2〜0.3ミリなどと1日で毛が伸びるスピードには若干の違いがあります。

 

性毛と無性毛

性毛とは成長期に伴い生えてくる毛などを指します。(ワキ毛や陰毛など)

特徴

・毛が太く、生えている方向がバラバラです。
・性毛は毛根の組織が強い。アポクリン腺という体臭の発生源となる汗腺があります。(ワキガの原因)

 

次に無性毛ですが毛が生える方向が一定で薄いという点があります。腕や背中、お尻などがそれらに当たります。

 

脱毛をする場合は伸びるスピードが違う毛を計算し、通う事が良いのですが、そこまで考えるのが面倒という方は脱毛サロンのスタッフに意見を聞きましょう。色々な方の脱毛を見ているのできっとあなたに合ったアドバイスがもらえるでしょう。