脱毛方法で痛みが全然違います。

女性にとっては身だしなみとも言えるでしょう脱毛ですが、脱毛方法により肌が感じる刺激や痛みに差があります。
出来れば痛みも少なく脱毛を終えてしまいたいものですが、脱毛方法によってもメリットが違いますから迷ってしまいますね。

 

光脱毛

人気の光脱毛は、広範囲にフラッシュ光を当てていきますので熱を帯びたような刺激を感じます。
痛みより熱さを感じる人が多いようで、熱が体にこもるためにそう感じてしまうようですね。
以前は「輪ゴムで弾かれなような痛み」がありましたが、最新の脱毛機械の導入で殆ど痛みを感じなくなっています。
最近の光脱毛は、ジェルを通して光を毛根に届けるようなものになっていますから、今までのような痛みを感じる人はいなくなりました。
但し、デリケートな部位の脱毛は痛みを感じるようですから、これから脱毛を検討している人は注意しておきましょう。

 

電気脱毛

脱毛方法の中でも永久性が高い脱毛方法ですが、毛根の奥まで針を指し込んで電流を流していきますから鋭い痛みを感じます。
男性もが悶絶する痛みとも言われていますから、どの部位も形容しがたい痛みを感じる脱毛方法です。
脱毛方法が幾つもある中一番痛みがあると言われています。さらに施術範囲が狭いため時間もかかります。できるなら一番避けたい方法ですね。

 

レーザー脱毛

美容クリニックや皮膚科で施術を受けられるレーザー脱毛は、広範囲を一気になるわけではなく狭い範囲を確実に脱毛していきます。(電気脱毛よりは広範囲かつ素早くできます。)
弾かれるような痛みを感じるのが特徴で、皮膚の薄い部位は特に痛みが強くなります。
皮膚の薄い部分や骨に近い部分は特に痛みが強く感じます。
反対にレーザーは黒色に反応しますので、毛が薄い部分にはあまり効果が期待できません。永久脱毛等で使用されていますが、最終の細かい部分については電気脱毛を併用するクリニックが多いようです。

 

まとめ

脱毛方法により、痛みも違いますが人によっても感じ方は違ってきます。
やはり光脱毛が一番痛みを感じにくいようで、中には「全く痛みを感じずに脱毛が終わった」と感じる人もいます。
毛がある程度薄くなってきたら施術中に寝る人が増える傾向があるようです。
痛みに関しては、個人差が大きく敏感な人はやはり何をしても痛みを感じやすいようです。
痛みに弱い人は、光脱毛が一番ですし痛みがあっても永久性を求めるなら電気脱毛やレーザー脱毛が良いでしょう。