毛周期には成長期、退行期、休止期の3つがあります。

当たり前ですが人間の髪はどんどん生まれ変わっています。毛根が作られ、それが成長し、段々肌から外に出てきます。そして一定期間を過ぎると毛は抜けそしてまた新しい毛が育っていきます。これが毛のサイクル(毛周期)といいます。ヘアーサイクルなんて言い方もします。

 

成長期

毛が成長を続けていく期間。生えてきた毛がどんどん成長していく時期です。
毛包が真皮内に降りていき毛球が元々のあった位置にまで到達すると毛母細胞が分裂を開始しはじめます。それから新しい毛球が作られ新しく毛が生れます。その毛は休止期の毛をどんどん押して行き、最後には休止期の毛を追い出し脱毛をさせます。そして新しい毛として外にでてきます。成長期の毛は毛細血管からどんどんと栄養分を取り込み成長していきます。

 

成長期の毛の寿命

成長期の毛は数年以上続きます。身体に生えている毛の85%〜95%はこの期間の毛となります。残りの5%〜15%が退行期や休止期の毛となります。

 

成長期の毛の見極め方

まず毛を1本根本から抜きます。その時に痛みを感じる+抜いた毛の毛根部にカプセル状の球がついていれば成長期の毛で間違いないでしょう。

 

退行期

毛包が小さくなり始める時期です。成長期にしていた細胞分裂が止まり休止期に入るまでの期間を退行期と言います。新たな成長期の毛によって毛根は上に上にと押し上げられ毛乳頭は毛球から離れる時期となります。

 

退行期の特徴

・乳頭が変色する。
・メラニン生成が止まる

 

退行期間

退行期の毛の期間は約2〜3週間となります。
この時期の毛は全体の1〜2%程と言われています。

 

休止期

新しい成長期の毛によって押し出された毛。毛乳頭と毛球が完全に離れています。この時期の毛乳頭はすでに丸くなって活動はしていません。
毛包の深さは新しい毛に上に押されていますので表面の近くまで来ています。休止期の毛は引っ張ってもなんの抵抗も無く抜けおちるので、シャワーや少し動いただけでも抜けおちていきます。実際に何もしなくても抜ける毛はこの休止期の毛です。

 

休止期間

部位によって休止期間は違います。約3ヵ月〜1年程休止期間があります。休止期間が終わると再び毛母細胞が分裂して成長期となっていきます。

 

毛周期のサイクル

 

髪の毛

成長期の生えるスピード(1日あたり) 0.3〜0.4ミリ
毛周期のスピード 4〜5年

 

 

成長期の生えるスピード(1日あたり) 0.2ミリ
毛周期のスピード 2〜3ヵ月

 

 

成長期の生えるスピード(1日あたり) 0.4ミリ
毛周期のスピード 4ヵ月

 

 

腕・脚

成長期の生えるスピード(1日あたり) 0.2ミリ
毛周期のスピード 4ヵ月〜6か月

 

 

VIO

成長期の生えるスピード(1日あたり) 0.2ミリ
毛周期のスピード 5カ月